無料お見積もり

お問合わせ

お役立ちコンテンツ カテゴリー一覧

TOP > お役立ちコンテンツ一覧 > 修理編

修理編で
業務用エアコンをご検討の皆様へ

満足度95%以上達成!

業務用エアコン販売・修理・取付なら
即日対応の有限会社新空調へお任せください!!

スタッフ!!

お役立ち記事一覧

耐用年数を超過した業務用エアコンの修理はオススメできない?

業務用エアコンは、とても高価なもので、耐久性が高い製品ですが、永久的に使えるわけではありません。耐用年数、つまり寿命がある程度決められているのです。その耐用年数は、約10~15年と言われています。この耐用年数は、必ずその期間使用できることを保証する期間ではなく、あくまでも目安です。また、この耐用年数は、定期的にメンテナンスをすることを前提としたものになります。当然ですが、定期的なメンテナンスを怠っていた場合には、最も短い期間で故障してしまう、使用できなくなってしまうこともあるのです。耐用年数を超過した業務用エアコンは、どうしても故障のリスクが伴います。仮に、現在故障していなかったとしても、将来的な故障のリスクがあるでしょう。

お役立ち記事の詳細を見る

施設管理者は業務用エアコンの修理業者を事前に選定しておく!

施設管理者の方やビルオーナー様に知っておいていただきたいのが、修理業者を事前に選定しておくことが大切であるということです。多くの場合、業務用エアコンが故障してしまい、修理が必要になってからようやく修理業者を探し始めるもの。ですが、業務用エアコンは非常に重要なものです。とくに、温度調節が大切となる夏の季節には、業務用エアコンが故障してしまうと大きな問題となってしまうでしょう。業務用エアコンが故障してしまうことにより、施設の利用者やビルの入居者からクレームを受ける可能性も高まります。では、クレームや大きなトラブルを防ぐためにはどうすればよいのか、それは修理業者を事前に選定しておくことです。事前に修理業者を選定しておけば、万が一故障などのトラブルが発生した場合でもすぐに連絡できますし、修理業者の選定に時間がかかることもなくなります。

お役立ち記事の詳細を見る

業務用エアコンを運転しても冷えない・暖まらない!修理が必要?

業務用エアコンを運転しても部屋のなかが、冷えない・暖まらない!という場合、修理が必要なのでしょうか? 結論から言えば、修理が必要な場合と修理が不要な場合があります。業務用エアコンの修理を依頼する前に確認しておきたいのが、次のようなポイント。・室外機の周りにものを置いてしまい、吸い込み口や吹出し口を塞いでしまっていないか・ドアや窓を開けたままにしていないか・運転モードが正しく設定されているか・フィルターが汚れていないか業務用エアコンを運転しても、部屋のなかが冷えない・暖まらない原因は複数あります。とくに、多いのが室外機の周りを塞いでしまっているケースです。周りが塞がれてしまうと、上手く熱交換を行うことができないため、冷えない・暖まらないなどの症状が起こります。

お役立ち記事の詳細を見る

業務用エアコンは修理作業を行わなくても出張費が請求される?

業務用エアコンの修理について覚えておきたいのが、修理作業を実際に行わなくても、出張費などが請求される場合があることです。どういうことなのか、もう少し詳しく説明していきます。業務用エアコンの修理を依頼する場合、いきなり修理作業を行うのではなく、故障の原因や必要な修理方法、修理にかかる金額などをメーカーや業者に提示してもらうのが一般的。その修理内容や修理にかかる費用を見ながら、正式に修理を依頼するかどうかは依頼者が決めるのです。正式に、業務用エアコンの修理を依頼してから、修理作業が行われることになります。メーカーや修理業者が提示した修理作業の内容や修理費用によっては、修理作業を断る場合もあるでしょう。修理作業を断り、修理作業を行わないのであれば、それで終わりと考えてしまう人が多いと思いますが、実は、修理作業を行わない場合でも出張費などの名目で費用が請求される場合があります。

お役立ち記事の詳細を見る

業務用エアコンは1度修理すれば、すぐには壊れない?

業務用エアコンが故障した場合、「1度修理をすれば、すぐには壊れない!」そう考えてしまう人も少なくないでしょう。しかし、結論から言えば、必ずしもそうとは言えないということです。業務用エアコンは、もともと耐久性が高い製品ですが、年数が経過してくると、部品の消耗も進みます。そのため、設置してから5年以上経過している業務用エアコンについては、1度修理をしたとしても他の箇所が故障してしまうということがあるのです。もちろん、修理をした後で一定の期間は故障がなく使える可能性もありますが、他の箇所が絶対に故障しないという保証はありません。短期間で、別の箇所が故障してしまう可能性は否定できないのです。業務用エアコンについては、耐用年数を経過しているもの、あるいは耐用年数に近いものの場合、修理だけでなく、買い替えについても検討しておくのがよいでしょう。軽微な故障ですぐに修理が可能であれば、修理で対応してもよいのですが、それ以外の故障の場合、修理費用がかかりますし、また他の箇所が故障してしまえば、修理費用がかさむことになります。

お役立ち記事の詳細を見る

業務用エアコンは、エラーコードが出なくても修理が必要な場合も!

業務用エアコンの内部でトラブルが発生した際に、リモコンに表示されるのがエラーコードです。エラーコードがリモコンに表示されている場合には、専門の業者に連絡をして点検・修理をしてもらう必要があります。エラーコードが出ていると、トラブルが起きていることがすぐにわかりますが、エラーコードが出現していない場合でも修理が必要となる場合があるのです。例えば、以前よりも室外機から大きな音がする、いつもより冷房や暖房の効きが悪いなどの場合。大きな音がする場合には、エラーコードが表示されていないケースが多いです。大きな音がする場合には、様々な原因が考えられます。室外機の部品が劣化していることによって、大きな音が発生している場合もありますので、そのような場合には、部品の交換が必要となるでしょう。業務用エアコンが正常な状態であるか、修理が必要な状態であるかを見極めるのは、一般の人にはとても難しいものです。

お役立ち記事の詳細を見る

業務用エアコンの冷媒ガスが自然に抜ける?修理が必要?

業務用エアコンの修理に関するご相談で、たまに聞かれるのが、「業務用エアコンの冷媒ガスは自然に抜けることがあるのか?」です。結論から言えば、自然に冷媒ガスが漏れ出すことはありません。これは、設置から5年経過しようが、10年経過しようが同じです。冷媒ガスは、設置してからの年数が経過すればするほど、消費して減ってしまうものと誤った認識を持っている人が多くなっています。しかし、業務用エアコンの冷媒ガスは、基本的に設置してからの年数に関係なく減ってしまうことはありません。もしも、設置したときから冷媒ガスの量が減ってしまっているとしたら、自然にではなく、冷媒ガスが漏れてしまう原因が存在していることになります。例えば、冷媒配管が腐食してしまっている、接続部分のフレアナットの破損、施工不良、熱交換器の不具合等が主な原因として考えられるでしょう。冷媒ガスが漏れてしまっている状態をそのままにしておくと、冷房、暖房の両方が効かなくなってしまいます。

お役立ち記事の詳細を見る

業務用エアコンの風量が以前よりも低下している!修理が必要?

業務用エアコンは、通常リモコン操作によって、風向や風量を調節できます。風量を強める、あるいは弱めて運転が可能なので、その日の気温や天候等によって調節するのがよいでしょう。しかし、業務用エアコンを設置してからある程度の年数が経過していくと、風量が上手く調節されない場合があります。「業務用エアコンの風量が以前よりも低下してしまった!」そう感じる人も少なくないようです。業務用エアコンの風量が以前よりも低下したという場合、修理が必要なのでしょうか? 結論から言えば、修理というよりは内部洗浄やフィルター清掃によって風量を元に戻せる可能性が高いと言えるでしょう。風量が低下したと感じる原因は、主に「汚れ」です。フィルター部分にホコリやゴミなどが詰まったままにしておくと、目詰まりしてしまい、風量を大幅に弱めてしまいます。風量を弱めるだけでなく、効率は大幅に低下してしまうため、無駄な電気代がかかる原因にもなっています。フィルター部分については、目詰まりによって風量を低下させないようにするためにも、定期的な清掃が欠かせません。

お役立ち記事の詳細を見る

業務用エアコンの暖房運転をしても温風が出ない!修理が必要?

業務用エアコンを使うのは、夏だけではありません。寒い冬などにも、オフィスや店舗、施設などでは暖房を使うことでしょう。業務用エアコンの暖房運転に関する相談で多いのが、「暖房運転をしてもすぐに温風が出ないが、故障しているのか?修理が必要なのか?」というものです。まず、業務用エアコンの暖房運転についてですが、すぐに温風が出ないようになっている機種もあります。冷風が出ないようにするためで、正常な状態であれば、数分程度で暖房運転を行うことでしょう。また、暖房運転中に運転が止まってしまうこともあるのです。これは、故障してしまったと思われがちですが、霜取りを行いながら運転をするため。霜取り運転をする際には、基本的に運転が停止してしまう機種がほとんどです。霜取り運転については、正常に業務用エアコンを使うため、暖房運転を行うために必要なもの。

お役立ち記事の詳細を見る

業務用エアコンの設置年数が長いと修理は困難というのは本当?

設置してからの年数が長い業務用エアコンが故障してしまった場合、修理が困難となるという話を耳にしたこともあると思います。設置年数が長い業務用エアコンの修理は本当に困難なものなのでしょうか? 結論から言えば、困難となる場合とそうでない場合があるということです。業務用エアコンは、故障した場合必ず修理ができるとは限りません。業務用エアコンの故障で、部品の交換が必要となる場合には、修理が困難となってしまう場合があるのです。メーカーによっても異なりますが、修理に必要な部品の保有期限が決められています。保有期限は、製造中止後、9~10年となっているのです。そのため、その保有期限が切れてしまっている場合、修理に必要な部品が手に入らない可能性があります。部品がないと修理ができないため、修理が困難となってしまうのです。

お役立ち記事の詳細を見る

業務用エアコンリース・販売・取付工事実績は下記になります。

販売・工事エリアにつきましては
お気軽にお問い合せください!!

県名をクリックすると、お住いの地域情報をご確認いただけます。

日本地図
北海道・東北地区
  • 北海道
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
  • 福島県
関東地区
  • 群馬県
  • 栃木県
  • 茨城県
  • 埼玉県
  • 東京都
  • 千葉県
  • 神奈川県
中部地区
近畿地区
中国地区
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
四国地区
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 徳島県
  • 高知県
九州・沖縄地区
  • 福岡県
  • 長崎県
  • 佐賀県
  • 大分県
  • 熊本県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県
  • 沖縄県
  • メールの方はこちら
  • 業務用エアコン初期費用0円
  • お問い合せから当日工事!施工までの流れ

業務用エアコン販売・取り付け対応地域
Corresponding region

北海道・東北地区

  • 北海道
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
  • 福島県

※地域によって対応日数が異なる場合がございます。 ※メーカーによっては施工対応していない地域がある場合がございます。

「新空調からお客様へ」

”またお願いしたい、知り合いに紹介したい”そう思っていただけるサービス提供を目指して

チェック!

代表写真

平素より格別のお引き立てを、ありがとうございます。私たち新空調は、創業以来たくさんの方に支えられながら、企業としてここまで成長させていただきました。

当社では、業務用エアコンの販売、取り付け工事、修理やクリーニングといった作業を通じ、より快適な空間を提供できるようにと考えております。業務用エアコンというのはその環境において、目には見えないながらも非常に重要な役割を果たすものでもあります。少しの不調でも、営業や生活に大きな影響を与えてしまう場合があります。新空調ではお客さまが安心価格で1日でも早く快適な空間で過ごせるよう、お手伝いできればと考えております。

「また新空調さんにお願いしたい」「新空調さんに紹介してよかった」そうお客さまに思っていただくことが、私どもの理想とする所でございます。安心してお任せいただけるよう、常にお客様に細心の注意を払ってサービスをご提供させていただいております。また、お客さまとのコミュニケーションを大切にしながら、親切・丁寧な対応をモットーに努力を続けて参る所存です。

これからも、より地域に貢献できる会社へと成長し、皆さまに愛され信頼していただけるサービスをご提供していきたいと思います。何かお気づきの点がございましたら、どうぞ遠慮なく弊社スタッフまでお申し付けくださいませ。
今後とも、ご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

新空調について

業務用エアコン取り付け工事に熟練した技術を持つスタッフが丁寧・的確に作業を行います。新空調で活躍するスタッフは、業務用エアコンの取り付け工事に確かな技術を持っています。お客さまのご要望に対しても迅速に対応させていただき、安心してお任せいただけるよう、日々努力をいたします。

確かな提案力と安心の価格設定で信頼していただける企業に。

当社では、お客さまの費用を極力おさえられるよう、広告や告知に極力費用をかけずに営業活動を行っております。より安心してお任せいただけるよう、お客さまに合わせたプランをご提案させていただきます。業務用エアコンや家庭用エアコンの販売、取り付け工事に関するお見積もりは無料にてご対応させていただきますので、遠慮なくお申し付けください。

業務用エアコンの故障や不調などアフターケアも安心してお任せください。

業務用エアコンは取り付けすれば終わりというわけではありません。経年劣化による汚れなどのメンテナンスや、故障などの不調の際の修理対応にも、新空調ではしっかりと対応させていただきます。新空調に任せておけば安心だと思っていただけるよう、きめ細やかなアフターフォローを心がけて参ります。定期的なアフターケアなどにもお伺いいたしますので、いつでもお気軽にご相談ください。

多くのお客さまにご満足、喜んでいただけるよう努力を続けて参ります。

「新空調にお願いしてよかった。知り合いに紹介して良かった。」そういっていただける、真心のこもったサービスのご提供を目指していきます。また、お客さまとのコミュニケーションも大切にし、地域へ貢献できる企業へと成長していくよう全力を尽くしてまいります。

業務用エアコンの豆知識

業務用エアコンは購入するよりもリースが断然お得!

業務用エアコンを入れたいけど、買うと高いし…とお悩みの方は多いようです。そんなときはリースがおすすめです。リースのメリットのひとつは、初期費用がかからないことです。通常、業務用エアコンは工事費も含めると、導入時に数十万円程度かかります。このように、業務用エアコンを購入するとかなりの初期費用がかかりますが、リースなら月々の支払だけですぐに導入できます。しかも、リース料金は経費で処理できるので、節税対策にもなります。

業務用エアコン取り付け工事の手順とは

業務用エアコンの取り付け工事は、まず現地調査や見積もりが無料の業者に、現地調査と見積もりを依頼しましょう。無料ですから、調査や見積もりをしてもらうだけで、工事を依頼しなくてもかまいません。現地調査では、プロが設置予定場所を見て、いろいろなアドバイスをしてくれますから参考になります。実際の取り付け工事は、まず業務用エアコン本体を取り付けて試運転をします。試運転して問題がなければ工事完了です。業務用エアコンは定期点検や洗浄などが必要ですから、わからないことはなるべくその場で業者スタッフに聞いておきましょう。

業務用エアコンの修理、クリーニング依頼のポイント

業務用エアコンを使っていると、ほこりや汚れなどが溜まるので、定期的にクリーニングが必要です。特にフィルターはこまめにクリーニングしないと、目詰まりして冷房能力が落ちる原因になります。多くの場合、業務用エアコンは定期点検を行っているので、クリーニングも一緒にやってもらえます。業務用エアコンの修理については、素人ではわからないことが多いので、業務用エアコンに異常があったらすぐ業者を呼んで、見てもらうようにしましょう。専門知識のない人が業務用エアコン内部をいじると感電したり、かえって故障が悪化することがあります。

業務用エアコンの無料見積もりの流れ

業務用エアコンを販売したりリースやレンタルしている業者の見積もり方法は様々です。有限会社新空調では業務用エアコンの設置予定場所を見て、一番適した機種を選んで提案いたします。もちろん見積もりは無料ですし、見積もり後に施工依頼をしなくても、見積もり料などを請求することはありません。業務用エアコンのお見積もり希望の場合は、お気軽に有限会社新空調までご相談ください。

「新空調」の業務用エアコンプロスタッフをご紹介!

  • 会社案内
  • よくある質問
  • 中古販売
  • 施工までの流れ
  • 業務用エアコンの選び方
  • 初期費用0円のリース

TOP